Press "Enter" to skip to content

特別な設備を備える工場建設に関わるプラント施工管理

大規模かつ専門知識が要求される仕事

食品や電子機器等を製造する工場は、日本各地に数多く点在しますが、製造拠点となる工場を建設する仕事が、プラント施工管理です。製品製造に必要な設備を有している工場をプラントと呼びますが、数百億円以上の予算がかかるほど、大規模な仕事となっています。さらに、プラントに関する業種は、建設や食品、並びに化学と環境に分類されますが、建設するプラントの業種に応じた知識も要求されます。業種ごとに生産方法や設計の方法が異なるだけでなく、プラント内部に設置する部品や機械等も異なってくるからです。

プラント施工管理を行うための必須となる資格は存在しないものの、プラント建設に関わる業界での仕事を経験していると、仕事がしやすくなります。

工場の設計からメンテナンスまで幅広くこなす

プラント施工管理の主な仕事内容は、「原価・工程・品質・安全」という管理業務がメインとなっています。年単位でのスケジュール管理が必須のプラント本体の建設に関しては、建設にかかる原価の管理を適切に行う必要があります。また、プラント内部に設置する機械類の設計と製造にも関わる点が、プラント施工管理の大きな特徴です。機械類が完成した後、機械類が正常に動くかどうかを確認する品質の検査についても、プラント施工管理が担当します。

なお、プラント完成後も、プラント本体や機械類のメンテナンス及び保守管理業務等の仕事を行う必要があります。プラント施工管理は、プラントの建設から部品類の設計、メンテナンスまで幅広く関わる、総合的な仕事と言えます。

プラントの施工管理とは、プラントの新設や増設・改修が計画通り行われるよう、工期や安全面を管理することをいいます。プラントはスケールが大きいため専門的な知識が必要となります。